高校数学・物理の復習

必要となる数学・物理の項目

普通科高校(文系)や商業高校出身の方を対象としています。強度設計を行う場合、少なくとも以下の項目について理解が必要となります。

    1. 有効数字 (寸法精度)
    2. SI単位系 (力の単位)
    3. 断面積を求める計算 (面積の公式)
    4. 三角関数 (力の分解・合成)
    5. ベクトル (力の分解・合成)
    6. 演習問題-1 (三角関数)
    7. 演習問題-2 (ベクトル)