ごあいさつ

『刃金からくり屋』 にようこそ ! 
Welcome to our shop of Blade edged metal and Systematic mechanical Design !

屋号 『刃金からくり屋』

プロフェッショナル・エンジニア(技術士(機械))として開発業務の技術支援や機械設計をしております。

この仕事の中心となる機械設計とシステム化を象徴する屋号を考えました。


クライアントが求める機能に対し、機械設計は製造現場で可能な加工法から最適な材質『鋼(はがね)』と構造や仕組み『からくり』を考えることです。


そこで『鋼(はがね)』と『からくり』を組み合せ、『刃金からくり屋』を屋号としました。



『刃金(はがね)』 とした理由


非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあるものとして『両刃の剣』という故事があります。


技術に携わるエンジニアの上には、この『両刃の剣』があると考えています。

社会に貢献し利用者を豊かにするのであれば、そのまま頭の上で留まっているでしょう。


しかし、利用者のしあわせや命を奪うようなことになった場合、容赦なくこの剣は振り降ろされ責任を追及されそして断罪されます。


そのような両刃の剣の下にいることを忘れず、己を戒めるため『鋼』を『刃金』としました。




《運営会社》

《所在地》
〒431-0431
静岡県湖西市鷲津3387番地
アルカミーノ 1B2

《代  表》
代表取締役 日名地 輝彦 技術士(機械)

最新のお知らせ

  • 第22回 機械要素技術展へのご来場、ありがとうございました。 MAKERS LINKの共同出展に(株)応用技術研究所(f刃金からくり屋)として参加し、『機械要素技術展2018』に出展し、盛況のうちに展示会を終えることが出来ました。ご多用の折、ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました。改めてお礼を申し上げます。今後とも、ご贔屓下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。日時 : 2018 年6 月20 日(水)~ 6 月22 日(金)時間 : 10:00 A ...
    投稿: 2018/06/23 2:19、Teruhiko Hinaji
  • 新規事業 モデリング・プラス (Modeling - PLUS) モデリング・ブラス 立上げの経緯韓国企業 SENTROL社が独自に開発する産業用次世代3Dプリンターの技術支援のため、2017年7月から、先方企業に出社し開発支援をしておりました。2018年にSENTROL社は、これまで開発してきた立体造形装置(3Dプリンター)を使った造型サービスを立上げました。2018年5月より韓国国内での本格的な営業活動を始めております。この造形サービスを日本でも幅広く利用していただきたいと、同社は希望を持っております。技術支援をしてきたご縁から同社の希望を叶えたいと考え、日本での取次ぎを弊社にて行うことにいたしました。弊社では、日本からのニーズを韓国にあるSENTROL社にお伝えし ...
    投稿: 2018/06/14 19:21、Teruhiko Hinaji
  • 【再掲】『機械要素技術展2018』に出展いたします。 株式会社応用技術研究所(刃金からくり屋)はMAKERS LINKの共同出展に参加し『機械要素技術展2018』に出展いたします。平成28年度補正による小規模事業者持続化補助金により開発した製品を展示する予定です。また、一部の商品については、ふるさと納税の返礼品として準備しています。お時間があれば、お立ち寄り下さい。詳細は以下のようになります。日時 : 2018 年6 月20 日(水)~ 6 月22 日(金)時間 : 10:00 A.M. ~ 6 ...
    投稿: 2018/06/11 4:12、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 43 件の投稿を表示中 もっと見る »

営業日誌‎‎‎‎(ブログ)‎‎‎‎

  • 三次元CADデータの活用事例 キーワード : 三次元CAD, CAE, リバースエンジニアリング, コンカレント・エンジニアリング, WEB 3D企業が抱える課題のうち生産技術の革新と人材育成に対して次の二点にテーマを絞り、3次元CADデータの活用による課題解決に取り組みました。一点目は開発製品における品質仕様の早期確定であり、二点目は作業指示書などのWEB3D化です。現状においても3次元CADデータの活用は模索が続いており、その一例となればと思い、過去に取り組んだ内容をご紹介いたします。 1. はじめにWindows95™の登場により、1990年代後半から情報機器のダウンサイジングと高性能化が進みました。同時にインターネットの普及も始まり ...
    投稿: 2018/06/10 22:34、Teruhiko Hinaji
  • 3次元造形装置(3Dプリンター)の開発 1. 名古屋 設計・製造ソリューション展 2018への出展先日、4月11日(水) ~ 13日(金)に、愛知県名古屋市の『ポートメッセなごや』で開催された『名古屋 設計・製造ソリューション展 2018』に、技術支援を行っている韓国企業が出展いたしました。展示会に出展されましたので、その時の様子をお知らせいたします。当社ブログの中では技術支援の事実のみを記載しておりましたが、補間するような情報となります。2. 展示内容展示されている造形装置はSB400で、造形範囲は一般的なA3用紙サイズ(W ...
    投稿: 2018/05/20 18:01、Teruhiko Hinaji
  • 強度設計とは? 1. はじめに当社は有限要素法による強度シミュレーションを請負っています。そのため、『機械設計』とは別に『強度設計』という言葉も使います。同じ『設計』とは言っても、内容は大きく異なります。一般の方に分かり易く説明しようと思います。2. 強度設計とはフレーム鋼材(H形鋼、I形鋼、アングル材など)を使って作業台を設計しています。下図の矢印について、以下のように定義します。緑色の矢印(↓) に荷重が負荷されます。赤色の矢印(↦)部分の変位を拘束します。『強度設計』とは、荷重が負荷される緑色の矢印位置から赤色の矢印位置まで ...
    投稿: 2018/04/03 6:54、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 48 件の投稿を表示中 もっと見る »

サブページ (1): Summary
Comments