ごあいさつ

『刃金からくり屋』 にようこそ !
Welcome to our shop of Iron materials and Systematic mechanical Design !

屋号 『刃金からくり屋』

製品や設備の開発設計を生業(なりわい)としております。

この生業の中心となる鉄鋼材料の部品設計と設備のシステム化を表わす屋号を考えました。


部品設計は、部品に求められる機能と加工法から考えられる形状を決めることです。

同時に、材料となる鋼(はがね)について知らなければ決められません。


設備設計は複数の部品を組合せ、装置に動きを与える仕組み(からくり)を考えることです。


そこで『鋼(はがね)』と『からくり』を組み合せ、『刃金からくり屋』を屋号としました。



『刃金(はがね)』 とした理由


非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあるものとして『両刃の剣』という故事があります。


設計や製造過程において不備があれば、社会に役立つ機械装置でも、利用者のみなさまに多大なご迷惑と損害を与えることになります。


そのような両刃の剣の下にいることを忘れず、己を戒めるため『鋼』を『刃金』としました。




《運営会社》
http://digitalcreation-s.co.jp

《所在地》
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町4598番地の9
浜名湖国際頭脳センタービル内321号A

《代  表》
代表取締役 日名地 輝彦 技術士(機械)

最新のお知らせ

  • 第4回 湖西Neoテクノフェアに出展いたします 『世界市場をめざす湖西Neoテクノフェア』と題したビジネスマッチングフェアに当店も運営会社、株式会社 応用技術研究所が出展いたします。開催概要は以下のとおりです。展示紹介 : 『輸送機器』、『産業機器』、『医療・環境機器』など開催日 : 2016年 12月 2日(金),  3日(土)開催時間 :  2日(金) 10:00 ~ 16:00 / 3日(土) 10:30 ~ 15:00※なお、12月3日(土)は、弊社都合により 14:00 に撤収いたします。主催 : 湖西市、湖西市商工会後援 : 静岡県商工会連合会詳細については、主催者のホームページも御覧下さい。会場 : 湖西市アメニティプラザ メインアリーナ
    投稿: 2016/11/14 17:59、Teruhiko Hinaji
  • 『第11回しんきんビジネスマッチング』 ご来場、ありがとうございました。 台風の影響で足元が悪いなか、会場まで足を運んでいただき、ありがとうございました。昨日より、出展に関してお世話になりました皆様に出展のご報告をさせて頂いております。9月30日現在、主催者より公式な来場者数の発表はありませんが、来場者数は4~5000名ほどと思われます。多数の皆様に、ご来場いただきありがとうございます。当社のブースへも、会期中、約6時間の間に28名の方に足を運んで頂きました。近年、このようなビジネスマッチングは『地方創成』という政府方針もあり、各地で多数開催されるようになっています。意欲があれば、ビジネスチャンスも多くなったように感じます。一方で、ご来場者様の目も肥えてきており、サンプルなどの展示だけでは声をかけていただけません。訪問先の得意分野と協力関係にある事業者とのネットワーク広がりや大きさなどが求められているように感じました。今後とも精進するとともに、よろしくお願いいたします。ご来場いただきました皆様には重ねてお礼を申し上げます。株式会社 応用技術研究所代表取締役 日名地輝彦店主 敬白
    投稿: 2016/09/29 18:54、Teruhiko Hinaji
  • 全日本製造業コマ大戦 駿府場所に参戦します。 以下の催しの中で開催される全日本製造業コマ大戦 駿府場所に参戦します。お時間がございましたら、足を運んで応援していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。【開催案内】複合型地方創成イベントしんきんフェア静岡 2016【日時】 2016年10月12日(水) 10:00 ~ 17:00 (開場 9:30)会場】 ツインメッセ静岡 (静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10)【コマ大戦の会場】 しんきんフェア静岡2016内特設会場(事務所前)
    投稿: 2016/09/23 0:50、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 7 件の投稿を表示中 もっと見る »

営業日誌‎‎‎‎(ブログ)‎‎‎‎

  • からくり仕事 (船舶設備の設計開発 - その2) 1. はじめに前回、基本構造をフレーム構造にするか水密構造にするかの選択について話をしました。軽量化を図りつつ、今回の負荷条件では有利になるフレーム構造を選択しました。今回は、マイクロバスをピギ―バック式船舶に誘導するランプ装置の基本寸法の決定と当時の製造計画について書くことにします。2.  車両仕様の調査製品開発をやっていれば当たり前の話ですが、最初から具体的な形状寸法は決まっていません。むしろ開発を請負う側が調査し開発仕様書と共に企画図として図面化を図ることが多いです。この場合は、国内で製造・販売されているマイクロバスの車両形状について調査しました。具体的な調査項目は車両の全長、幅、総重量(定員乗車 ...
    投稿: 2016/09/11 19:12、Teruhiko Hinaji
  • 商品開発および生産準備における3次元CADデータの活用について 1. はじめにこれは、2011年2月22日に開催された日本技術士会中部支部の第三回 研究業績発表会で発表した内容です。ブログ上で公開するのは、配付資料としてまとめた技術報告書になります。内容は自動車部品メーカーに勤務していたときに与えられていたテーマの成果内容をまとめた技術報告書になります。タイトルは『商品開発および生産準備における三次元CADデータの活用について』です。2. 発表に至った経緯勤務していた自動車部品メーカーは体調不良のため、2008年に退職いたしました。実は体調を崩す直前、技術報告書の成果を社内展開しようとしたところ、当時の開発担当取締役からストップが命じられました。『社内の人材が理解できず ...
    投稿: 2016/09/09 20:37、Teruhiko Hinaji
  • はじめてのscilab / はじめてのXcos 1. はじめに2013年9月13日に在日フランス大使館でscilabのセミナーがあり参加しました。(画像をクリックすると拡大表示されます。)scilab/xcosのダウンロード数は一カ月当たり、約10万本だそうです。そのうち上位三カ国の中に日本が入っており、ダウンロード数から予測されるユーザー数は数万人と見込まれるそうです。そのような背景からscilab/Xcosによる産業発展への貢献事例などを紹介しユーザー数の拡大のため、来日したようです。このセミナーで開発者のゴメス先生とはじめてお会いし、いろいろとお話を伺いました。2. テキストの翻訳についてゴメス先生とお話をしているなかで、scilabのホームページで公開されていた ...
    投稿: 2016/09/16 22:07、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 16 件の投稿を表示中 もっと見る »

サブページ (1): Summary
Comments