ごあいさつ

『刃金からくり屋』 にようこそ !
Welcome to our shop of Iron materials and Systematic mechanical Design !

屋号 『刃金からくり屋』

製品や設備の開発設計を生業(なりわい)としております。

この生業の中心となる鉄鋼材料の部品設計と設備のシステム化を表わす屋号を考えました。


部品設計は、部品に求められる機能と加工法から考えられる形状を決めることです。

同時に、材料となる鋼(はがね)について知らなければ決められません。


設備設計は複数の部品を組合せ、装置に動きを与える仕組み(からくり)を考えることです。


そこで『鋼(はがね)』と『からくり』を組み合せ、『刃金からくり屋』を屋号としました。



『刃金(はがね)』 とした理由


非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあるものとして『両刃の剣』という故事があります。


設計や製造過程において不備があれば、社会に役立つ機械装置でも、利用者のみなさまに多大なご迷惑と損害を与えることになります。


そのような両刃の剣の下にいることを忘れず、己を戒めるため『鋼』を『刃金』としました。




《運営会社》
http://digitalcreation-s.co.jp

《所在地》
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町4598番地の9
浜名湖国際頭脳センタービル内321号A

《代  表》
代表取締役 日名地 輝彦 技術士(機械)

最新のお知らせ

  • 第5回 こさいNeoテクノフェア2017のご案内 1. はじめに以下の理由から、本展示会に出展いたします。(参加理由)「広域の地域連携や異業種の事業者連携による商品開発の提案」を今年度のテーマとし、持続化補助金事業に採択されました。採択された事業計画において、本展示会は事業成果を確認する場として位置付けております。また、昨年度から『刃金からくり屋』という屋号を商標として設け、今年度のテーマに沿った商品開発と販売を進めております。このテーマに共感し一緒に開発に関わりたい事業者も増やしたいと考えております。成果確認と事業者連携を発展拡大させるため、本展示会に出展することにいたしました。2. 開催に向けた主催者の意気込み主催者(湖西市、湖西市商工会)からの ...
    投稿: 2017/04/18 0:55、Teruhiko Hinaji
  • 小規模事業者持続化補助金(平成28年度第二次補正)に採択されました。 1. お知らせ2017年3月17日に、平成28年度第二次補正 小規模事業者持続化補助金の採択事業者が発表されました。当社も以下のテーマで応募し補助金事業として採択されました。移転先(予定)の湖西市商工会の皆さんには、大変、お世話になりました。この場を借りて、お礼を申し上げます。事業テーマ : 新商品開発と通販サイト作成による開発ワンストップサービスPR事業内容 :  新商品の開発し、それを販売する通販サイトを構築します。 サイト構築後は、継続して新商品をアップし、継続的に販売します。2. 事業を通じた狙い新商品開発と販売サイトを通じ、刃金からくり屋を中心にした愛知県東三河・静岡県西部地域の小規模事業者によるネットワークをPRします ...
    投稿: 2017/03/18 2:44、Teruhiko Hinaji
  • 出展を計画している展示会のお知らせ 1. はじめに 平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)は、以下の展示会に出展を計画しております。 平成28年度までは、当社が保有する技術アピールを中心に行ってきました。平成29年度は、当社が保有する技術と連携する事業者との技術組合せて提供できるサービスや商品企画をアピールし、ユーザーニーズの発掘やマーケティング調査にも取組みます。なお開催日については、主催者の都合により変更される場合がございます。平成29年2月28日時点で、当社が主催者より確認できた内容を記載しております。展示会の詳細につきましては、主催者に直接、ご確認下さい。2. 計画している展示会第11回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu ...
    投稿: 2017/03/11 22:01、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 12 件の投稿を表示中 もっと見る »

営業日誌‎‎‎‎(ブログ)‎‎‎‎

  • 技術者が独立するために必要なこと 1. はじめに『フリーランスのエンジニアになりたい。』あるいは、『憧れている。』そんな方は多いのかもしれません。一方で、勤務先の評価が低く見えてしまい独立を考える方もおられると思います。技術士の資格取得を機に、私自身はフリーランスとして独立いたしました。その後、経費管理を厳密にしようと思い、個人事業を法人化しました。独立して3年。 法人になって2年が経過しました。これまで体験してきたことを、将来を考えて独立を考えているエンジニアの皆さんの参考になればと思い、体験の一部をご紹介いたします。2. 技術士資格の取得について技術士資格を取得しようとした動機は、以下のような甘い見通しからでした。『技術士会や所属する会員から仕事が融通してもらえるかも ...
    投稿: 2017/04/20 1:23、Teruhiko Hinaji
  • 三次元CADの選択 (支援機関、経営指導の皆様へ) 1. はじめに  経営者の方々から三次元CADの導入について相談を受けます。 どんな相談が多いと思われますか? 導入費用でしょうか? それとも、年間のライセンス料でしょうか? 導入後の社員教育でしょうか? 実は三次元CADが、会社の身の丈に合っているかなんです。 実際にお話の中で伺う質問は、こんな感じです。 『支援機関やコンサルタントから三次元CADを進められるけど、本当を入れた方がいいのかな? 事業内容から考えても二次元CADで充分な気がするけど…。 』 導入費用や導入後の社員教育は、事業計画を達成するために検討されるものであって、あまり課題として考えている経営者はいません。 そこで、これまでの相談内容をもとに、三次元CADの選択について基本的な考え方をまとめてみました ...
    投稿: 2017/04/09 8:25、Teruhiko Hinaji
  • 豊田佐吉翁 生誕150周年記念グッズ製作 1. はじめに 平成29年2月11日に行われた『豊田佐吉翁 生誕150周年記念式典』、無事に終了いたしました。 当社は湖西市の豊田佐吉翁生誕150年記念事業(事業期間 : 平成28年2月15日~平成29年2月14日)に参加いたしました。本事業期間中、豊田佐吉翁の功績や志に触れ、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。 今回は、本事業を振り返って、思うところをまとめてみました。2. 事業参加の動機 本事業に参加しようと考えた動機は、右図のピンバッチでした。このピンパッチ、『Made in China』と印刷された透明ポリ袋で包装されていました。 ひ孫にあたるトヨタ自動車の豊田章男社長は、円高が進み海外生産が進む2010年末の記者会見で ...
    投稿: 2017/03/12 1:14、Teruhiko Hinaji
1 - 3 / 20 件の投稿を表示中 もっと見る »

サブページ (1): Summary
Comments